READING

聴いておきたい洋楽の名盤!2015年〜2019年(最新)ベスト アルバム更新中...

聴いておきたい洋楽の名盤!2015年〜2019年(最新)ベスト アルバム更新中

2015年〜2019年までのおすすめの洋楽アルバムをご紹介します。 まだ2015年までですが、少しずつ増やしていく予定です。(更新中)

2019年の名盤アルバム

Solange (ソランジュ)
『When I Get Home』

Rock,R&B,ソウル,ファンク,ヒップホップ

Solange (ソランジュ)の4thアルバム『When I Get Home』が急遽リリースされました!

前回のアルバム「A Seat At The Table(2016)」では全米アルバム総合チャート1位を獲得し、グラミー賞も獲得。
Beyonceの姉妹ということも陰るくらいのアーティストとしての個性を発揮しました。

このアルバムもかなり良いです。前回のアンビエントなSolange (ソランジュ)ワールドの続きを感じることができます。

参加アーティストもかなり豪華で幅広い。ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、メトロ・ブーミン(Metro Boomin)、スティーヴ・レイシー(Steve Lacy)、デヴ・ハインズ(Dev Hynes),タイラーザクリエイター(Tyler, The Creator)、サンファ(Sampha)、グッチメイン( Gucci Mane)。

どの曲がというよりはアルバム通して聞くべき作品です。
曲によって色々なアーティストが絡み合うことによって全く飽きがこない「やばい」名盤です。

ソランジュすごいな〜。

おすすめの曲は『Dreams』『Sound of Rain』。

Solange - Dreams

Solange – Dreams

Solange - Sound of Rain

Solange – Sound of Rain

Toro Y Moi (トロ・イ・モア)
『Outer Peace』(アウターピース)

Rock,R&B,ソウル,ファンク,ヒップホップ

toro y moi トロ・イ・モアことチャズ・バンディックがニューアルバム『Outer Peace』を Carpark Records から 2019年1/18にリリースしました。
toro y moi トロ・イ・モア名義では6枚目のアルバムとなります。

前回のアルバム「BOO BOO (2017)」ではディープでアンビエントな雰囲気でしたが今回はディスコと言うかハウスというかダンサブルな印象。

全体を通して作り込まれたというか考えられたサウンドで、とてもおしゃれでおもしろい。
さすがだなと思いました。

これは名盤です!
個人的には前作よりも『Outer Peace』好きです。
2019年初のおすすめの洋楽アルバム!

おすすめの曲は『Freelance』『Ordinary Pleasure』。かっこいい!

Toro y Moi -

Toro y Moi – “Freelance”

Toro y Moi - “Ordinary Pleasure”

Toro y Moi – “Ordinary Pleasure”

2019年早速このお方の新譜がお目見えしました。

フライング気味ですが紹介したいと思います。

D’Angelo (ディアンジェロ) 『Unshaken』

D’Angelo (ディアンジェロ) が前作『Black Messiah』から5年経ってついに新曲を発表しました。
この曲はオープンワールド型アクション・ゲームの『Red Dead Redemption 2』に提供した新曲との事。
このままアルバムに繋がったらと期待してしまいますね!

D'Angelo - Unshaken

D’Angelo – Unshaken

2018年の名盤アルバム

2018年のおすすめの洋学アルバムをご紹介します。
年始からJustin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)やMigos(ミーゴス)の新作が話題になりましたが、他にも良いアルバムが続々と発売されています。 2018年の洋楽アルバムも盛り上がっています!

Anderson .Paak (アンダーソン・パーク) 『OXNAR』(オックスナー)

R&B,ソウル、ファンク、ヒップホップ

前作も『Malibu』も傑作だったAnderson .Paak (アンダーソン・パーク) の2018年の新作。
今回もソウル、R&B、ヒップホップ、ファンクそしてジャズまで、ジャンルにとらわれないサウンドです。
全作をより濃密にした『OXNAR』(オックスナー)必聴です!

ゲストもかなり豪華でケンドリック・ラマー、Qティップ、ドクタードレ(プロデュースもしてます),スヌープ、プシャT、Jコールなどなど!
9thWonderも「Saviers Road」で参加!

おすすめの曲は『Cheers (feat. Q-Tip)』『TINTS (feat. Kendrick Lamar)』。

Cheers (feat. Q-Tip)

Cheers (feat. Q-Tip)

Anderson .Paak - TINTS (feat. Kendrick Lamar)

Anderson .Paak – TINTS (feat. Kendrick Lamar)

The O’my’s (オーマイズ) 『Tomorrow』(トゥモロウ)

The O'My's

R&B,ヒップホップ

シカゴのバンドThe O’my’s (オーマイズ) の新作。
大人の雰囲気が漂う良作です!
シカゴということでチャンス・ザ・ラッパーやダニー・トランペット(ニコ・シーガル)も参加しています。
ニコ・シーガルは“Puddles”、“Baskets”、“Special”に参加しています。

秋の夜長に似合う
飽きのこない良作です!

おすすめの曲は『Idea』『Puddles』。他の曲も良いです!

The O’My’s - “Idea” (ft. Chance the Rapper)

The O’My’s – “Idea” (ft. Chance the Rapper)

The O'My's - Puddles (ft. Saba)

The O’My’s – Puddles (ft. Saba)

Teyana Taylor (テヤーナ・テイラー) 『K.T.S.E.』

R&B,ソウル,ヒップホップ

カニエのMV(Kanye West – Fade)で有名なTeyana Taylor (テヤーナ・テイラー) 。
そして全曲カニエウエストがプロデュースしたアルバム。
ソウルフルで大人な雰囲気で初めて聴いた時はあんまりでしたがジワジワ聞くたびに良さがわかります。
名盤ですね!

おすすめの曲は『Never Would Have Made It』『Gonna Love Me』『Gonna Love Me (Remix) (Ft. Raekwon, Ghostface & Method Man) 』。他の曲も良いです!

Teyana Taylor - Never Would Have Made It (K.T.S.E.)

Teyana Taylor – Never Would Have Made It (K.T.S.E.)

Teyana Taylor - Gonna Love Me (K.T.S.E.)

Teyana Taylor – Gonna Love Me (K.T.S.E.)

Wu-tangのリミックスも最高にカッコイイ!!

Teyana Taylor - Gonna Love Me (Wu-Remix) feat. Ghostface Killah, Method Man & Raekwon

Teyana Taylor – Gonna Love Me (Wu-Remix) feat. Ghostface Killah, Method Man & Raekwon

THE INTERNET (ジ・インターネット) 『Hive Mind』(ハイブ マインド)

インディーロック,R&B,ヒップホップ

THE INTERNETの4thアルバム『Hive Mind』。
前作『Ego Death』に続き良いアルバムです!
『Hive Mind』ではSydだけでなくSteve Lacyもボーカルに参加しさらに厚みというか、
面白みがました感じがします。

おすすめの曲は『Roll (Burbank Funk)』『La Di Da』。他の曲も良いです!

The Internet - Roll (Burbank Funk)

The Internet – Roll (Burbank Funk)

The Internet - La Di Da

The Internet – La Di Da

DRAKE (ドレイク) 『Scorpion』(スコーピオン)

HIPHOP

2018年一番のヒット作になりそうなドレイクの『Scorpion』(スコーピオン)。 特にストリーミングサービスとの相性がよく、6月29日のリリースから7月5日までの1週間に音楽ストリーミング・サービスで再生された回数が世界新記録。全世界での累計でもとなる10億回を突破したとのことです。 すごいですね〜! スコーピオンズは2枚組構成で全25曲もあります。曲数が多い! 10曲くらいにまとめたアルバム通してのクオリティは高かったのかなと思いますが時代ですかね。

個人的にはこれまでアルバムの方が好きですが、とにかくヒットしています。 なんとトップ10中7曲をドレイクの曲がチャートイン。ビートルズによる歴代最多記録を上回る新記録らしいです。 特大ヒット曲「God’s Plan」(全米シングル総合チャート11週連続で1位)や「Nice For What」もあります。 また「In My Feelings」がダンスチャレンジとして大流行。 さらにヒットしそうです! ダンスチャレンジ少し集めました。

シアラのダンス

When you and Bae #DoTheShiggy On Top of Cape Town on ur #Honeymoon. @DangeRussWilson #InMyFeelingsChallenge

Ciaraさん(@ciara)がシェアした投稿 –

色んな人のまとめ

In My Feelings (Drake) Dance Challenge Compilation

In My Feelings (Drake) Dance Challenge Compilation

おすすめの曲は『God’s Plan』『In My Feelings』『Nice For What』。『Don’t Matter To Me』も良いです!

Drake - God's Plan

Drake – God’s Plan

Drake - In My Feelings

Drake – In My Feelings

Drake - Nice For What

Drake – Nice For What

The Midnight Hour (ザ・ミッドナイト・アワー)Adrian Younge, Ali Shaheed Muhammad(エイドリアン ヤング、アリ・シャヒード・ムハマドト) 『The Midnight Hour 』

R&B,ソウル

エイドリアン・ヤングとアリ・シャヒードによるプロジェクト=The Midnight Hour(ザ・ミッドナイト・アワー)のデビュー・アルバム『The Midnight Hour』 『Marvel ルーク・ケイジ』で音楽を担当しているThe Midnight Hour。 映画音楽に心地よいビートが出会ったような壮大でいてドラムの音が最高です。 プロジェクトの名前通り夜と大人を感じるアルバムです! おすすめの曲は『Questions』『So Amazing』

The Midnight Hour feat. Cee-Lo Green - Questions

The Midnight Hour feat. Cee-Lo Green – Questions

The Midnight Hour feat. Luther Vandross - So Amazing

The Midnight Hour feat. Luther Vandross – So Amazing



Kanye West(カニエ・ウエスト) 『Ye』

HIPHOP

KanyeのTwitterのアカウントが復活されアナウンスされた通りにリリースされた2年ぶり7曲入の新作「Ye」。

さすがのクオリティです!サンプリングとのバランスがいいです。 このアルバムは久しぶりに全てKanye自身がプロデュース。
Kid Cudi(キッドカーディ)との「Kids See Ghost
、全面プロデュースのPusha T(プッシャーティー)「Daytona」、N
as「Nasir」も聞きごたえありますが、 「Ye」が好きです!

1. I Thought About Killing You [prod. by Kanye West / add’l prod. by Mike Dean / co-written by Benny Blanco, Francis Starlite]
2. Yikes [prod. by Kanye West / co-prod. by Mike Dean]
3. All Mine (feat. Valee & Ty Dolla $ign) [prod. by Kanye West / co-prod. by Mike Dean / add’l prod. by Francis & The Lights]
4. Wouldn’t Leave (feat. PARTYNEXTDOOR, Jeremih & Ty Dolla $ign) [prod. by Kanye West / add’l prod. by Mike Dean]
5. No Mistakes (feat. Kid Cudi & Charlie Wilson) [prod. by Kanye West / co-prod. by Che Pope / add’l prod. by Mike Dean]
6. Ghost Town (feat. John Legend, 070 Shake & Kid Cudi) [prod. by Kanye West / co-prod. by Mike Dean / add’l prod. by Benny Blanco & Francis & The Lights]
7. Violent Crimes (feat. Ty Dolla $ign & DeJ Loaf) [prod. by Kanye West / voice by Nicki Minaj] おすすめの曲は『Ghost Town』『Yikes』です。

Kanye West - Ghost Town

Kanye West – Ghost Town

Kanye West - Yikes

Kanye West – Yikes

Leon Bridges(リオン・ブリッジズ) 『Good Thing』

R&B,ソウル

リオン・ブリッジズ(Leon Bridges、1989年7月13日)は、アメリカ合衆国テキサス州フォートワース出身のソウルミュージック、R&Bのシンガーソングライター。

「参照」Wikipedia:Leon Bridges(リオン・ブリッジズ)
2015年にリリースしたデビュー・アルバム”Coming Home”が第58回グラミー賞の「最優秀R&Bアルバム」部門にノミネートされたリオン・ブリッジズの2018年発売の2stアルバム。
全体通して素晴らしいアルバムです! Vintage楽器の温かい音を感じることができます。 SOULやJAZZが好きな人には特におすすめのアルバム。

おすすめの曲は『Bad Bad News』『Bet Ain’t Worth the Hand』

Leon Bridges - Bad Bad News

Leon Bridges – Bad Bad News(Official Video)

Leon Bridges - Bet Ain't Worth the Hand

Leon Bridges – Bet Ain’t Worth the Hand(Official Video)

Rejjie Snow(レジー・スノウ) 『Dear Annie』

ヒップホップ,R&B,ソウル

アイルランド・ダブリン出身の若手ラッパー Rejjie Snow(レジー・スノウ)本名はAlex Anyaegbunam。 Mixtapae「Rejovich – EP」も話題になりました。
気だるいフロウとメロディアスな歌が印象的でトラックも素晴らしいです。 producerは詳しくわかりませんが、KaytranadaやRahkiが関わっている模様。

まだ1993年7月生まれの24歳という若さ!今後が楽しみなアーティストです。ブレイクしそう。 MVもノスタルジックで曲の雰囲気にあっていてGood。
素晴らしいアルバムです!

おすすめの曲は『Désolé』『Rainbows』

Rejjie Snow - Désolé

Rejjie Snow – Désolé

Rejjie Snow - Rainbows

Rejjie Snow – Rainbows



2017年の名盤アルバム

2017年で聞いた中で、良いなと思ったアルバムをご紹介します。 2017年の洋楽はヒップホップのMigos,Cadi Bなど新しいアーティストが活躍したイメージがありますが、 Jay-zのなどの大御所のALBUMもあり振り返るとジャンル問わずいい作品ありますね。 同じベテランどころで言えば年末のN.E.R.Dも記憶に新しいPharrellが良い仕事をしていた印象があります。 人気のアルバムというよりも個人的に良いなと思ったアルバムをご紹介します!

PJ Morton 『GUMBO』

R&B,ソウル,ヒップホップ

Maroon 5のメンバーでもあるPJ Morton(PJモートン)のスタジオアルバム。
前作「New Orleans」はグラミー賞にノミネートされましたが、この「GUMBO」も素晴らしいアルバムです。
おしゃれでソウルフルな楽曲が並び、そこにヒップホップ等の影響も感じます。 BJ・ザ・シカゴ・キッドやトランペッター、キーヨン・ハロルドそしてラッパーではPellが参加。 あまり注目されていませんが良作です!

おすすめの曲は『Claustrophobic』『Go Thru Your Phone』

Smino - Amphetamine

PJ Morton feat. Pell -Claustrophobic

Smino - Anita

PJ Morton – Go Thru Your Phone

Smino 『Blkswn』

ヒップホップ

チャンス・ザ・ラッパー周辺のシカゴ勢と親しいセントルイス出身のSmino(スミーノ)のデビュー・アルバム。
シカゴのマンティ・ブッカー(Soulection)が全面プロデュース。
自由で歌心のあるフロウいいです! チャンス・ザ・ラッパー周辺の明るいヒップホップの流れいいです。 傑作!

おすすめの曲は『Anita』『Amphetamine』

Smino - Anita

Smino – Anita

Smino - Amphetamine

Smino – Amphetamine

Drake(ドレイク) 『More Life』(モアライフ)

ヒップホップ

Drakeのミックステープの位置づけのアルバム。 ミックステープといってもめっちゃクオリティ高い。 そしてやっぱりかっこいい。

さすがです。 おすすめの曲は『Get it togher』『Passionfruit』

Drake - Get It Together

Drake – Get It Together

Drake - Passionfruit

Drake – Passionfruit



Sufjan Stevens, Bryce Dessner, Nico Muhly, James McAlister 『Planetarium』

ロック,エレクトロニカ,クラシック

シンガー・ソングライターのスフィアン・スティーブンスがヴォーカル。
パーカッションとドラムにジェームス・マカリスター、ギターにブライス・デスナーを擁し、 若き現代作曲家、ニコ・ミューリーが器楽編成を担当するスペシャル・プロジェクト。
ロック、エレクトロニカ、クラシックが融合されたとても壮大なアルバム。

おすすめの曲は『Mercury』『Saturn』

Sufjan Stevens, Bryce Dessner, Nico Muhly, James McAlister - Mercury

Sufjan Stevens, Bryce Dessner, Nico Muhly, James McAlister – Mercury

Sufjan Stevens, Bryce Dessner, Nico Muhly, James McAlister - Saturn

Sufjan Stevens, Bryce Dessner, Nico Muhly, James McAlister – Saturn



Thundercat(サンダーキャット) 『Drunk』(ドランク)

ソウル

サンダーキャット(Thundercat)のソロ4作目。
大人の雰囲気のソウル。アーバンソウルという響がしっくりくるアルバム。 ケニー・ロギンスとマイケル・マクドナルドという渋い人選も良かったです。

おすすめの曲は『Show You the Way』 『Labyrinth』。

Thundercat ft. Michael McDonald & Kenny Loggins - Show You the Way

Thundercat ft. Michael McDonald & Kenny Loggins – Show You the Way

Thundercat - A Fan's Mail (Tron Song Suite II)

Thundercat – A Fan’s Mail (Tron Song Suite II)

Toro y Moi (トロ・イ・モワ) 『Boo Boo』

ロック,インディーロック

トロ・イ・モアの6作目今までの集大成のようなアルバムです。
メロディアスでおしゃれな雰囲気のある楽曲は流石。
トロ・イ・モアのアルバムは梨花さんのセレクトショップ「Maison de Reefur」でも紹介されてたのも納得です。

おすすめの曲は『You and I』 『Labyrinth』

Toro y Moi - You and I

Toro y Moi – You and I

Toro y Moi - Labyrinth

Toro y Moi – Labyrinth

Kendrick Lamar(ケンドリック ラマー) 『DAMN.』

ヒップホップ

2017年一番話題になった作品かもしれません。 Kendrick人気まだまだ続きそうです。
アルバム全体を通してとても作り込まれていて飽きませんね。 さすがです!!

おすすめの曲は『HUMBLE.』 『LOVE.』

Kendrick Lamar - HUMBLE.

Kendrick Lamar – HUMBLE.

Kendrick Lamar - LOVE. ft. Zacari

Kendrick Lamar – LOVE. ft. Zacari

2016年の名盤アルバム

2016年を振り返ってみるとkanyeやbeyonce,radioheadと大物アーティストのリリースもありましたね。
HIPHOPからロック、,R&B(古いかも?)ジャンルの垣根がなくなった気がします。 そしてSolangeのアルバムが評価されるのはさすがはアメリカと思いました。
日本もいつかこういう日がくるとおもしろくなるなーとしみじみ。。ないか笑 それではご紹介します。

Chance The Rapper 『Coloring Book』

2016年はChanceの年といってもいい気がします。 それまでも既に有名でしたが、Kanyeにfeatureされ、アルバムが出て一気にスターダムへ上った印象です。
アルバムの内容も素晴らしいです。 最近減ってしまっている明るいヒップホップ。でも古くなく新しい!

全部いい曲ですがおすすめの曲は『No Problem』『Blessings』

Chance the Rapper ft. 2 Chainz & Lil Wayne - No Problem

Chance the Rapper ft. 2 Chainz & Lil Wayne – No Problem

Chance the Rapper - Blessings

Chance the Rapper – Blessings

Chance The Rapper - Coloring Book

Chance The Rapper『Coloring Book』

Solange(ソランジェ) 『A Seat at the Table』

ヒップホップ,R&B,Indie Rock

セカンドアルバムから実姉のbeyonceよりもすきかもしれないSolange。
元々アーティストでしたがこのアルバムで不動のものにしましたね。 アメリカの数々の2016年ベストに選ばれるアルバム。
ジャンルにとらわれない世界感。すばらしい。

おすすめの曲は『Mad』

Solange - Mad ft. Lil Wayne

Solange – Mad ft. Lil Wayne こちらは昔のアルバム「Sol-Angel and the Hadley St. Dreams」からファレルとの曲。

Solange - I Decided

Solange – I Decided



A Tribe Called Quest(ドライブ コールド クエスト) 『We got it from Here… Thank You 4 Your service』

ヒップホップ

まちに待ったATCQのニューアルバム。
ヒップホップを好きになった原点でもある彼らのアルバムはやはりかっこよかった。
いい意味でJ dillaがいないころに戻った印象ですが、だからといって古い感じにはなってなくてやはりかっこよかったです!
やっぱり掛け合いいいな〜

おすすめの曲は『We The People….』

A Tribe Called Quest - We The People....

A Tribe Called Quest – We The People….

A Tribe Called Quest - We got it from Here... Thank You 4 Your service

A Tribe Called Quest – We got it from Here… Thank You 4 Your service

Bon Iver 『22, A Million』

インディーロック

フォーク・シンガーソングライターのジャスティン・バーノンを中心にアメリカで結成されたバンド。
最初は人の名前かと思いましたがバンドです。
今回は3stアルバム。フォークストロニカ(フォークとエレクトロニカ)というジャンル名でも呼ばれているらしいです。
色んな音と美しいメロディー。ライブみたいな〜

おすすめの曲は『00000 Million』『8 (circle)』

Bon Iver - 00000 Million

Bon Iver – 00000 Million

Bon Iver - 8 (circle)

Bon Iver – 8 (circle)

Bon Iver - 22, A Million

Bon Iver – 22, A Million

Anderson .Paak(アンダーソン パーク) 『Malibu』

ヒップホップ,ソウル

Dr. Dre復活作『Compton』に6曲も参加して一気に脚光をあびたAnderson .Paakの作品。
ロバート ・グラスパーが参加した「The Water」と「Waterfall」や DJ Khalil「Heart Don’t Stand a Chance」 MadlibのThe Waters” (featuring BJ the Chicago Kid)。 9th WonderやHi-tekもいい仕事をしています。

おすすめの曲は『The Dreamer』『Come Down』

Anderson .Paak - The Dreamer (feat. Talib Kweli & Timan Family Choir)

Anderson .Paak – The Dreamer (feat. Talib Kweli & Timan Family Choir)

Anderson .Paak - Come Down

Anderson .Paak – Come Down こちらも

Anderson .Paak - The Season / Carry Me / The Waters

Anderson .Paak – The Season / Carry Me / The Waters

Terrace Martin 『Velvet Portraits』

ジャズ,ヒップホップ

HiphopからJazzまであやつるサックス奏者でありプロデューサーのTerrace Martinのアルバム。
とても聞きやすくインストや歌ものラップありと、jazzとHiphopに関わるTerrace Martinならではの音世界です。

おすすめの曲は『Curly Martin』『Think Of You』

Terrace Martin - Curly Martin (Feat. Robert Glasper, Thundercat and Ronald Bruner Jr.)

Terrace Martin – Curly Martin (Feat. Robert Glasper, Thundercat and Ronald Bruner Jr.)

Terrace Martin - Think Of You  feat. Rose Gold

Terrace Martin – Think Of You feat. Rose Gold



Drake 『Views』

ヒップホップ

なぜか色んなブログのベストにほとんど選ばれていなかったDrakeの作品。
売れ過ぎたのか理由はわかないですが、いいアルバムでした。 特にNineteen85の活躍がすごいですね。

カナダはトロントのプロデューサーらしいです。

おすすめはRihannaとの『Too Good』に社会現象にもなった『Hotline Bling』共にプロデュースはNineteen85。

DRAKE TOO GOOD FT. RIHANNA

DRAKE TOO GOOD FT. RIHANNA

Drake - Hotline Bling

Drake – Hotline Bling Nineteen85 WORKSにはもれなく DRAKEがついてきます。

DJ Khaled ft Drake - For Free

DJ Khaled ft Drake – For Free

Nicki Minaj - Truffle Butter ft. Drake, Lil Wayne

Nicki Minaj – Truffle Butter ft. Drake, Lil Wayne

2015年の名盤アルバム

Sufjan Stevens 『Carrie & Lowell』

フォーク・インディーロック

sufjan stevens(スフィアン・スティーヴンス)のおそらく7枚目のスタジオアルバム。
このアルバムも美しいメロディーとアレンジの曲が多く、とてもよかったです。 アメリカの広い土地で聞いたらもっと良さそうな1枚。

おすすめの曲は『Should Have Known Better』『No Shade in the Shadow of the Cross』

Sufjan Stevens-Should Have Known Better

Sufjan Stevens-Should Have Known Better

SSufjan Stevens-No Shade in the Shadow of the Cross

Sufjan Stevens-No Shade in the Shadow of the Cross

D’Angelo And The Vanguard 『BLACK MESSIAH』

ソウル,ネオソウル,ロック

待ちに待ったD’Angelo (ディアンジェロ)の14年ぶりのアルバム『Black Messiah』。
大傑作『Voodoo』を作ったあと14年あいたのも納得の傑作。
配信日には、あのファレルやジャスティンティンバーレイク、アリシア・キーズなどの大物も興奮する盛り上がりをみせました。

大事に作られたのが伝わってくる名作です。 サマソニのライブも最高だったな〜

おすすめの曲は『Really Love』『Another Life』

D'Angelo, The Vanguard - Really Love

D’Angelo, The Vanguard – Really Love

D'Angelo, The Vanguard - Another Life

D’Angelo, The Vanguard – Another Life

The Internet 『Ego Death』

インディーロック,R&B,ヒップホップ

「The Internet(ジ・インターネット)」はLAのヒップホップ集団オッド・フューチャーにも属するソウル・R&Bバンド。
おしゃれでクールなサウンドと紅一点Syd Tha Kyd(シド・ザ・キッド)のメロウな歌声が最高のバンドです。
様々なジャンルの音楽が消化された曲の数々は聞いてあきません。 間違いなく2015年のベストアルバムの1つです!
『Ego Death』は三枚目のアルバムですが他のアルバムもおすすめです!

おすすめの曲は『Special Affair/Curse』『Girl』

The Internet-Special Affair/Curse

The Internet-Special Affair/Curse

The Internet-Girl ft. KAYTRANADA

The Internet-Girl ft. KAYTRANADA

Leon Bridges(リオン・ブリッジズ) 『Coming Home』

R&B,ソウル

第58回グラミー賞の「最優秀R&Bアルバム」にもノミネートされたリオン・ブリッジズのカミングホーム。 アルバム名にもなっている曲『Coming Home』でブレイクしました。
ちなみにこの曲はAppleのCMにも使われてました。
サムクックやオーティスリディングを彷彿とさせる大人のソウルで レコーディングも全てヴィンテージの機材を使用しているため、温もりのある仕上がりです。
いつ聞いても飽きないグットミュージック!

おすすめの曲は『Coming Home』『Better Man』

Leon Bridges-Coming Home

Leon Bridges-Coming Home

Leon Bridges-Better Man

Hiatus Kaiyote(ハイエイタス カイヨーテ) 『Choose Your Weapon』

R&B,ソウル

2011年にオーストラリアのメルボルンで結成されたフューチャー・ソウルのバンドHiatus Kaiyote(ハイエイタス カイヨーテ) 。
Nakamarra (feat. Q-Tip)でグラミー賞の候補にもなりました。
『Choose Your Weapon』は2枚目のアルバム。

独特のメロディーと懐の広いサウンドは必聴です!
いいアルバムです!

おすすめの曲は『Molasses』『Fingerprints』

Hiatus Kaiyote - Molasses

Hiatus Kaiyote – Molassese

Hiatus Kaiyote - Fingerprints

Hiatus Kaiyote – Fingerprints

Donnie Trumpet & the Social Experiment (ドニートランペット & ザ・ソーシャル・エクスペリメント) 『Surf』

Donnie Trumpet & the Social Experiment

HIPHOP ヒップホップ R&B,ソウル

ドニー・トランペット&ザ・ソーシャル・エクスペリメント名義のアルバム『Surf』。
ザ・ソーシャル・エクスペリメントはシカゴのバンドで以下のメンバーが中心になっています。
Chancelor Bennett (aka Chance The Rapper) – The Rapper
Peter Cottontale – Music Director / Keys
Nate Fox – Keys
Greg Landfair Jr. (aka Stix)- Drums
Nico Segal (aka Donnie Trumpet) – Trumpet & Backing Vocals
とにかく名曲が多く、チャンスザラッパーの出世アルバムでもあります。
ゲストも豪華で
Busta Rhymes,Erykah Badu,Joey Purp ,Jesse Boykins III,Saba,Quavo of Migos and King Louie,D.R.A.M.,J Cole
という面々。

ドニーのトランペットいいです!
これは洋楽の名盤です!

おすすめの曲は『Sunday Candy』『Fingerprints』
『Sunday Candy』は本当に名曲です!フックの女性ボーカルはJamila Woodsです。

Donnie Trumpet & the Social Experiment - Sunday Candy

Donnie Trumpet & the Social Experiment – Sunday Candy

Slip Slide - Donnie Trumpet & The Social Experiment

Slip Slide - Donnie Trumpet & The Social Experiment

2013年の名盤アルバム

Rhye (ライ) 『Woman』

R&B,ソウル

カナダ出身のマイケル・ミロシュ(ボーカル)が率いるバンド『Rhye (ライ)』。
マイケル・ミロシュは男性ですが初めて聴いた時女性だと思ったほどの美しい声。
その声はシャーデーを彷彿とさせます。

『Woman』は2013年にリリースされたRhye (ライ)の1stアルバム。
アルバム通してロマンティックで美しいサウンドと声。
良いアルバムです!

おすすめの曲は『Open』『The Fall』

Rhye - Open

Rhye – Open

Rhye - The Fall

Rhye – The Fall

他にも音楽の記事書いています。
よかったら覗いてみてください!

おしゃれ!初心者も聞きやすいHIP HOP 10選➝ ダウンロードしておきたい!洋楽HIP HOPの名盤『更新中』➝


RELATED POST

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


INSTAGRAM
京都おすすめ