READING

2018年ついに京都へ出店! BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)へ...

2018年ついに京都へ出店! BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)へ

2018年3月にブルーボトルコーヒーが関西初出店で京都にやってきました。

BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)

古民家をリノベーションした京都のブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒーはカリフォルニア州オークランドではじまったコーヒー専門のカフェでスターバックスなどと1番違うのはハンドドリップで淹れるブラックコーヒーの味です。

ブルーボトルコーヒー

2000年代前半、カリフォルニア州オークランド市で、フリーランスの音楽家でありコーヒーマニアでもあったジェームス・フリーマンは新鮮味が無くロースト具合が深すぎる一般的なコーヒーセレクションにうんざりし、新鮮で本来のコーヒーの味を求めている人々の為に自らコーヒー焙煎を始める決心をしました。小さな6ポンド(約2.7キロ)用の焙煎機を使い、彼は「焙煎したてのフレッシュなコーヒー豆だけをお客様に販売し、フレーバーが最も美味しいピーク期間に飲んでいただきたい。豆も最高品質で、最も美味しく責任をもって調達したものだけを提供する。」という歴史的な誓約を立てたのです。

引用:ブルーボトルコーヒーHP

ブルーボトルのHPにもある通り、コーヒーにはとてもこだわっています。

 

ジェームスが日本の喫茶店でドリップコーヒーの影響をうけていて
以前見たテレビ番組でも代表のジェームス・フリーマンは喫茶の名店「バッハ」に行っていました。

 

その日本の喫茶文化の影響を受けたブルーボトルコーヒーがついに古都京都に出店したの早速行ってきました。

 

BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)

古民家をリノベーションした京都のブルーボトルコーヒー

 

古民家を斬新にリノベーションしたお店は印象的。
喫茶店を独自の解釈て今のブルーボトルができたように、日本の古民家をブルーボトルの解釈で行われたリノベーションは
よくあるリノベーションとは一線を画したブルーボトルのブランドを感じました。



 

ブルーボトル 京都

ブルーボトル 京都

店内はオープンしたてということもあり、多くの人で賑わっていました。
今回頼んだのは を使ったドリップコーヒー。
注文を受けてからドリップするので注文の後も並んで待ちます。

よく見るコーヒーフィルターとは違い波打つようなフィルターもブルーボトル特徴です。

 

ブルーボトル 京都

ブルーボトル 京都

丁寧にハンドドリップでコーヒーを淹れます

 

ドリップ作業を見るのも楽しかったです。
そして、コーヒー完成。

 

ブルーボトル京都

 

もちろん店内でも飲むことができます。
店内の場合はマグカップ。
持ち帰りは紙コップでの提供になります。

店内は広く回転も良いのですぐに座ることができました。

 

南禅寺に行くことがあれば是非立ち寄ってみてください。

 

関連記事

2017年〜 京都にできた新しいカフェ... 今回は京都に出来た新しいカフェをご紹介します。 その前に京都はカフェが多いのは何でかを考えてみました。 思い浮かぶ理由としては ・観光客が多...

RELATED POST

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


INSTAGRAM
京都おすすめ